画像

ベタヒスチン

メニエール病などに伴う眩暈を治療する薬として世界中で幅広く用いられています。
有効成分のベタヒスチンメシル酸塩を含有しています。


製 品 名:
Betahistin Al
製 造 元:
Aliud Pharma
日 本 名:
ベタヒスチンAL
内 容 量:
50錠/箱
成 分 名:
ベタヒスチンメシル酸塩、他
薬効分類:
抗めまい薬
発送国:
香港(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ベタヒスチンAL6mg 1箱(50錠) ¥3,000¥2,850カートに入れる
ベタヒスチンAL6mg 2箱(100錠) ¥4,600¥4,370カートに入れる
ベタヒスチンAL6mg 3箱(150錠) ¥6,400¥6,080カートに入れる
ベタヒスチンAL12mg 1箱(20錠) ¥3,000¥2,850カートに入れる
ベタヒスチンAL12mg 2箱(40錠) ¥4,600¥4,370カートに入れる
ベタヒスチンAL12mg 3箱(60錠) ¥6,400¥6,080カートに入れる

特徴

内耳や脳内の血液の流れを良くして、内耳のむくみを改善して、メニエール病などのめまいや難聴などの症状を改善します。
内耳にリンパ液たまり働きが悪くなると目の前がぐるぐるまわるようなようなめまいの症状が現れます。
内耳にあるリンパ液が増えると、水ぶくれのようにむくみがあらわれ、平衡感覚をつかさどる三半規管に影響を与えることによっても、めまいが引き起こされます。また、内耳の蝸牛は耳の聞こえに関わっており、内耳のむくみにより影響を受けると難聴や耳鳴りなどの症状が現れます。
内耳のむくみは、血管拡張作用などにより内耳の血管の血流を増加・改善することで改善が期待できるので、症状に苦しんでおられる方には欠かせない薬剤の一つと言えます。

成分

ベタヒスチンメシル酸塩

用法用量

通常成人は1回1~2錠をベタヒスチンメシル酸塩として1回6〜12mgのものを、1日3回食後経口服用します。
なお、年齢や症状によっても適宜増減して使用します。

副作用

悪心・嘔吐や発疹、過敏症などが報告されています。

市販後臨床調査によると、総症例2254例中26例という全体の1.15%が副作用が報告されており、比較的副作用の少ない安全性の高い薬剤として、一般的に広く使用されています。

注意事項

合併症や既往歴のある方が特に気を付けなければいけません。
ベタヒスチンは、ヒスタミン類似作用を有するため消化性潰瘍の既往歴や活動性の消化性潰瘍のある方は、H2受容体を介して胃酸分泌亢進を引きおこすおそれがあります。
また、気管支喘息を持っている方はH1受容体を介して気道の収縮を引きおこしたり、褐色細胞腫を抱える方はヒスタミン類似作用を有するため、アドレナリンの過剰分泌により血圧上昇を引きおこすおそれがあるので、慎重に投与すべきであると考えられています。

そのほか、生理機能が低下している高齢者や安全性の確立していない妊婦や妊娠している可能性のある女性や乳幼児には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与するなど、注意が必要になってきます。

症状によって、飲む量や飲み方が異なるので、指示通りに正しく飲むことが重要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
カブゴリン(カバサールと同成分)
カブゴリン(カバサールと同成分)
パーキンソン病のお薬 です。そのほか早漏治療、排卵障害や乳汁漏出症などの治療に使用されます。
メリスロン
メリスロン
【成分】 Berahistine mesylate (メシル酸ベタヒスチン)
ジプラシドン20mg
ジプラシドン20mg
統合失調症や双極性障害の治療薬!体重増加や糖代謝異常などの副作用がほとんどないのが特徴です。
※現在、発送される商品の使用期限は2022年03月です。ご注文の際は予めご了承ください。
シプラレックス(Cipralex)10mg
シプラレックス(Cipralex)10mg
レクサプロのジェネリック医薬品です。うつ病やパニック障害、対人恐怖症などに用いられます。
ソミナー(Sominar)25mg
ソミナー(Sominar)25mg
日本では未発売の睡眠改善薬です。抗ヒスタミン作用で、自然な眠りへと導いてくれます。