画像

ゾニサミド

抗てんかん薬の代表的な薬の1つです。

有効成分のゾニサミドが脳の神経の過剰な興奮を抑えて、発作(けいれん、意識消失など)を抑えます。


製 品 名:
Zonimid-25
製 造 元:
Intas Pharmaceuticals
薬効分類:
抗てんかん薬
一 般 名:
ゾニサミド
日 本 名:
ゾニサミド25mg
内 容 量:
25mg:50錠 / 箱、100錠 / 箱
100mg:100錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)
発送国:
シンガポール(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ゾニサミド25mg 1箱(100錠) ¥4000¥3,800カートに入れる
ゾニサミド25mg 1箱(50錠)  ($22)¥2,970カートに入れる
ゾニサミド25mg 2箱(100錠)  ($30.7)¥4,150カートに入れる
ゾニサミド25mg 3箱(150錠)  ($40)¥5,410カートに入れる
ゾニサミド100mg 1箱(100錠)  ($40)¥5,410カートに入れる

特徴

けいれん発作予防に貢献してくれる治療薬であり、いろいろな種類のてんかんに幅広く活用されています。

脳の神経において信号が過度に送られるようになると、てんかん特有の意識障害やけいれん発作を引き起こしますが、有効成分ゾニサミドが過剰な電気信号の発信を抑制し、症状を抑えてくれます。

部分発作に優れた効果を発揮することで知られていますが、全般発作にも高い作用が期待できます。

成分

ゾニサミド

用法用量

【成人】
通常、最初1日100mg~200mg(4~8カプセル)を1回~3回に分けて服用します。
以降は1週~2週ごとに増量を行い、通常1日量として200mg~400mg(8~16カプセル)まで漸増し、1回~3回に分けて服用します。
1日量は最高でも600mg(24カプセル)までなので、増量の際にはこの量を超えないように注意してください。

【小児】
通常、最初1日に体重1kgあたり2mg~4mgを1回~3回に分けて服用します。
以降は1週~2週ごとに増量して通常、体重1kgあたり1日に4mg~8mgまで漸増し、1回~3回に分けて服用します。
小児の1日あたりの投与量は、最高で体重1kgあたり12mgまでです。

副作用

副作用で比較的多いのは、眠気やふらつき、けん怠感、無気力、判断力低下、食欲不振、発汗減少などです。
発汗減少は徐々に軽減するようですが、気温が上がる夏場に服用を始める際は、熱中症など注意が必要です。

重い副作用は稀ですが、発疹や発熱といった症状が見られる場合は、速やかに医師に連絡をすることが重要です。

更に極稀ではありますが、重い皮膚症状や肝臓に肺の障害、血液異常に尿路結石などに進展するとの報告もあるので、安易な判断は禁物です。
定期的に各種の検査を受けるようにしてください。

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

注意事項

・自己判断で使用を中止したり量を加減したりせず、医師の指示通りに服用してください。
・服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
・服用中は、発汗の減少が起こることがあるため体温の上昇に留意してください。
・併用に注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や新たに使用する場合は、必ず医師又は薬剤師にご相談ください。
・持病やアレルギーのある方、妊婦や高齢の方は、使用前に必ず医師又は薬剤師にご相談ください。
・授乳中の方は、授乳を避けてください。
・子供の手の届かないところに保管してください。
・直射日光と湿気を避けて、涼しい場所に保管してください。
この商品を買った人はこんな商品も買っています
セルタ 50mg/100mg
セルタ 50mg/100mg
第三世代の抗うつ薬、ゾロフトのジェネリック医薬品。うつ病やうつ状態、パニック障害、社交不安障害などに効果的です。
アスプリト(エビリファイジェネリック)
アスプリト(エビリファイジェネリック)
心の病気に用いる第三世代の抗精神病薬です。
アナフラニールジェネリック(クロフラニル)
アナフラニールジェネリック(クロフラニル)
三環系タイプのうつ剤です。
うつ病や、遺尿症(おねしょ)ナルコレプシーの治療に用いられます。
ガバペンチン
ガバペンチン
【成分】 Gabapentin (ガバペンチン)
ハイプロン(ソナタのジェネリック)
ハイプロン(ソナタのジェネリック)
ハイプロンは睡眠導入剤として、主に不眠症の方に使用されているお薬です。