画像

リノラル (エチニルエストラジオール)

女性ホルモンの合成卵胞ホルモン剤で更年期障害などの症状の緩和が期待できます。

こちらの商品は終了いたしました。同成分薬はこちら → エチニルエストラジオール0.05mg


製 品 名:
Lynoral
製 造 元:
Organon
薬効分類:
ホルモン剤
一 般 名:
エチニルエストラジオール
日 本 名:
リノラル
内 容 量:
500錠/1箱 (10錠x50シート)
関連商品:
エストロモン
発送国:
シンガポール(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

リノラル(エチニルエストラジオール)効能

リノラルは、女性ホルモンの合成卵胞ホルモン剤です。

卵巣から分泌される卵胞ホルモンは月経周期、妊娠出産、更年期障害に関係します。

加齢とともに卵胞ホルモンは減少すると更年期障害の症状があらわれますが、合成卵胞ホルモン剤リノラルを内服することで、更年期障害などの症状の緩和が期待できます。

リノラル(エチニルエストラジオール)効果

ホルモンの減少が原因で起こる更年期障害や骨粗鬆症の予防、卵巣発育不全のためのホルモン補充療法、月経不順、前立腺がんの治療。

用法用量

合成卵胞ホルモン剤、リノラルの用法用量は、治療内容によって異なるので医師の指示に基づいて使用します。

【更年期障害の場合】
1日0.01~0.05mg服用・休薬します。月経障害では生理5日目から25日目までは1日0.2~0.5mgを服用します。

【卵巣発育不全の場合】

1日0.01~0.25mgを周期的に服用・休薬します。

【前立腺がんの場合】

1日0.15~1.5mgを服用します。


※服用を忘れたときは、2回分を1度に服用することはせずに、服用時間まで待ち1回分を服用するか、気付いたときにすぐ服用するようにします。

副作用

合成卵胞ホルモン剤リノラルの更年期障害など効果をあらわす一方で副作用もあります。

一般的には、発疹や黄疸、肝機能異常、血圧上昇、経血トラブル、乳房が張ったり痛みを感じたり、嘔吐下痢などの内臓のトラブルなどがあげられます。

もし、合成卵胞ホルモンリノラルを大量かつ継続的に服用した場合は、高カルシウム血症やむくみなどが発症し、まれにひどい時は心不全や血栓症を発症することがあります。

エストロモン
この商品を買った人はこんな商品も買っています
スプレファクトE
スプレファクトE
視床下部に働き脳下垂体ホルモン分泌を抑制するLH-RH剤(GnRHアゴニスト)点鼻薬です。
エストロモン
エストロモン
セール対象アイテムはこちら
国内で処方される「プレマリン」のジェネリック薬です。卵胞ホルモンを補い、更年期の辛い症状などを緩和します。
スピロノラクトン100mg
スピロノラクトン100mg
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)です。高血圧症や 男性の抜け毛対策などに用いられます。
スピロノラクトン(ハイレス 25mg)
スピロノラクトン(ハイレス 25mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
マレフェMTF10mg
マレフェMTF10mg
マレフェMTFは黄体ホルモン剤で、プロベラのジェネリックです。 男性ホルモンの一つであるアンドロゲンを抑制する働きがあります。

リノラル (エチニルエストラジオール)の口コミ効果

評価5 5点  クチコミ数[1件]

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

nahoさん
評価5
エストロモンとの併用でE2を入れてみました。
今のところこれといった副作用もなく安定しています。
暫くは様子を見て行こうと思います。

かなりコスパもよく大満足です。
TOPさんありがとう^^
2015/11/18