画像

オーロリックス 150mg/300mg

主な効果としてうつ病、社会恐怖症、慢性疲労症候群、パニック障害などがあり、さまざまな精神疾患に有効です。


製 品 名:
Aurorix 150mg/300mg
製 造 元:
Deva
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
モクロベミド
日 本 名:
オーロリックス
内 容 量:
30錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
オーロリックス150mg 1箱(30錠) [香港発送] ¥2,400カートに入れる
オーロリックス150mg 2箱(60錠) [香港発送] ¥3,000カートに入れる
オーロリックス150mg 4箱(120錠) [香港発送] ¥4,600カートに入れる
オーロリックス300mg 1箱(30錠) [香港発送] ¥3,000カートに入れる
オーロリックス300mg 2箱(60錠) [香港発送] ¥3,800カートに入れる

オーロリックス の効能

うつ病、パニック障害、社会恐怖症、慢性疲労症候群

オーロリックス の作用

オーロリックスは新しいタイプのMAO阻害剤です。
有効成分のモクロベミドがモノアミン酸化酵素のタイプAを選択的に阻害するため、選択的MAO-A阻害剤と呼ばれています。
セロトニン濃度の上昇による抗うつ作用という目標は変わりませんがそれぞれアプローチに違いがあります。
従来の抗うつ剤ではセロトニンの再吸収を阻害することでセロトニン濃度を上昇させていたのに対し、オーロリックスは分解酵素を阻害することでセロトニンの分解を防ぎセロトニン濃度を上昇させます。
まったく作用秩序が異なるため、他の薬との相性が悪い方や副作用が出やすい方におすすめです。

オーロリックス の用法用量

《抑うつ症候群》
1日2回、食後に1錠ずつ服用してください。
症状により1回2錠まで増量することができます。
《社会恐怖症》
1日2回、食後に1錠ずつ服用してください。

【飲み忘れた場合】
すぐに忘れた分を使用して下さい。次回の使用に近い場合、忘れた回を飛ばし、通常どおりの服用をしてください。一度に2回分を服用することは絶対に避けてください。

オーロリックス の副作用

睡眠障害、興奮、不安、イライラ、めまい、頭痛、口渇、視覚障害、知覚障害、胃腸不調など。

オーロリックス の一般的注意

  • 肝疾患がある方は必ず本剤の使用を医師に相談し、指示を仰いでください。
  • 小児には使用できません。
  • 飲み合わせが悪い薬が多数あります。薬を併用する場合は医師に相談してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
パキシル (セロザット)
パキシル (セロザット)
【成分】 paroxetine hydrochloride hydrate (塩酸パロキセチン水和物)
セロクエル
セロクエル
【成分】 Quetiapine Fumarate (フマル酸クエチアピン)
フルナイト2mg
フルナイト2mg
ルネスタと同じエスゾピクロンが主成分の睡眠誘導剤です。少量で効果的に作用します。
フルオキセチン10mg
フルオキセチン10mg
抗うつ剤の一種です。内因性のうつ病や強迫性障害に効果があり、落ち込んだ気分を改善して憂うつ状態を解消します。
レクサプロ
レクサプロ
【成分】 Escitalopram (エスシタロプラム)

オーロリックス 150mg/300mgの口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!

function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.net/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->