画像

ワルフマディン 5mg/10mg

ワルファリンナトリウムを有効成分とし、血栓症に利用される抗血液凝固剤です。
脳血栓や肺血栓閉塞症、心筋梗塞や深部静脈血栓症(エコノミー症候群)などの症状を抑制させる効果を期待することができます。


製 品 名:
Warfmadin
製 造 元:
Sanofi
薬効分類:
脳循環改善薬
一 般 名:
ワルファリンナトリウム
内 容 量:
28錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ワルフマディン5mg 1箱(28錠) ¥2,800¥2,660カートに入れる
ワルフマディン10mg 1箱(28錠) ¥3,400¥3,230カートに入れる

ワルフマディン 5mg/10mgの関連の薬があります。

特徴

ワーファリンのジェネリック医薬品で、血を固まりにくくし、血栓ができるのを抑えます。

血栓症とは、血液の中に様々な原因により作り出された血栓により血管を閉塞してしまい、これにより末梢の循環不全による臓器障害を引き起こしてしまう、形成された血栓が血流により流されてしまい形成部位とは別の場所で血管を閉塞して臓器障害を引き起こすなどの特徴を持つ病気です。

ワルファリンはビタミンKに大変よく似ており、ビタミンKと同じように血液が固まってしまう血液の凝固因子が肝臓で作られているのを抑え込み、血を固まりにくくし、血栓ができるのを抑えます。
脳血栓や肺血栓閉塞症、心筋梗塞や深部静脈血栓症(エコノミー症候群)などの症状を抑制させる効果を期待することができるといわれています。

成分

【ワルフマディン5mg】
ワルファリンナトリウム 5mg

【ワルフマディン10mg】
ワルファリンナトリウム 10mg

用法用量

血液凝固能検査の検査値に基づいて投与量が決められるので、血液凝固能の管理を行いながら使用します。
初回投与量を1日1回経口投与した後、数日間かけて目標治療域に入るように用量を調節し、維持投与量を決定します。
感受性については個体差が大変大きいので、定期的に検査を行う必要があり、その結果に基づいて投与量も変わってきます。

副作用

副作用には出血傾向があります。
血を止まりにくくする作用がある薬のため、鼻血や皮下出血が起こりやすく、歯ぐきから出血をする、便が黒くなる、血尿が出るなどのことも起こることがあります。
まれに脱毛してしまうこともあり、発疹や蕁麻疹、発熱といった過敏症を引き起こすケースも確認されています。

注意事項

・2回分を一度に服用しないでください。
・飲みすぎると出血を起こしたり、急に服用を中止すると血栓ができたりするかもしれませんので、必ず指示されたとおり服用してください。
・薬の効果をチェックするため、定期的に凝血能検査(トロンボテスト等)を必ずお受けください。
・他の病院を受診される時(歯科を含む)などは、本剤を服用していることを必ず医師・歯科医師にご申告ください。
・出血の危険性が増しますので、創傷を受けやすいことは避けるようにしてください。
・抗悪性腫瘍薬をお飲みの方は必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
・妊娠中または妊娠の可能性のある方の服用はしないでください。
・骨粗鬆症治療薬、関節リウマチ治療薬をお飲みの方の服用はしないでください。
・本剤の服用中に納豆およびクロレラ食品、青汁、セイヨウオトギリソウ含有食品、大量の緑黄色野菜はとらないでください。
・本剤服用中にアルコールを飲むと薬の作用が変化するので控えてください。
・本剤の服用中に健康食品をとると薬の作用が変化するので控えてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
世界で一番利用されている高コレステロール血症治療剤「リピトール」のジェネリック。
メバロチンジェネリック
メバロチンジェネリック
メバロチンのジェネリック医薬品で、肝臓のコレステロール合成を阻害して血液中のコレステロールを低下させ、高脂血症を治療するお薬です。
スピリックス
スピリックス
有効成分としてスピロノラクトンを含んだ利尿降圧剤です。体内の余分な水分を排出してむくみを改善します。
アムロピン
アムロピン
全世界で一番利用されている降圧剤のジェネリック医薬品 ※ノルバスクのジェネリック薬です。
エリキュース2.5mg
エリキュース2.5mg
血液を固まりにくくするお薬です。心房細動による脳卒中や静脈血栓塞栓症の治療に用います。
※現在発送される商品の使用期限は2022年08月です。ご購入の際は予めご了承ください。

ワルフマディン 5mg/10mgの口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!