画像

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)

一般的な鎮痛薬が効きにくい各種がん痛に対し最もよい効果が期待できる解熱鎮痛消炎剤。


製 品 名:
Tramatas50mg
製 造 元:
Intas Made in India
薬効分類:
鎮痛薬(その他)
一 般 名:
トラマドール塩酸塩
日 本 名:
トラマタス50mg
内 容 量:
200錠 / 1箱(100錠はシート発送)
発送国:
香港(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)
発送国:
シンガポール(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
トラマタス50mg 10シート(100錠)[SG] 取り扱い終了
トラマタス50mg 1箱(200錠)[香港] 取り扱い終了

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の関連商品があります。

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の関連の薬があります。

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の特徴

オピオイドと呼ばれる鎮痛薬の仲間でトラマドールのジェネリック薬です。
鎮痛薬のなかでも非麻薬系の弱オピオイド鎮痛薬に分類されます。

麻薬系強オピオイドのモルヒネに比べ作用が穏やかで、便秘などの副作用が少ないといわれています。
トラマタスはWHO方式がん疼痛治療法の第2段階に位置づけられています。
第1段階における鎮痛薬はアスピリンやアセトアミノフェンで、第2段階における鎮痛薬「トラマタス」はアスピリンやアセトアミノフェンで効果不十分な場合の、次のステップ薬として処方されています。

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の用法容量

通常、成人はトラマドール塩酸塩として1日100~300mgを4回に分けて経口服用する。
なお、症状に応じて適宜増減します。
※1回100mg、1日400mgを超えないようにしてください。
1ヶ月の使用量は最大120錠です。

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の副作用

便秘、悪心、嘔吐、傾眠、食欲不振、浮動性めまい、頭痛、発疹など

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の注意事項

・本剤にアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
・服用後の自動車等の運転など危険を伴う機械の操作は避けてください。
・持病や別に薬を服用している場合は、医師に相談してから使用してください。
・保管の際は乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温を避けてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アルカセルツァー
アルカセルツァー
水に溶かして服用する発砲錠です。食べ過ぎや飲み過ぎによる頭痛や胸やけなどに効果があります。
ボルタレンジェネリック50mg
ボルタレンジェネリック50mg
ボルタレンのジェネリック医薬品です。痛みや炎症を抑える効果があります。
カフェルゴット
カフェルゴット
カフェルゴットは、古くからある片頭痛の頓服薬で、発作の初期段階での効果が高いのが特徴です。
ナラトレックス(アマージジェネリック)
ナラトレックス(アマージジェネリック)
炎症を起こす物質の放出を抑えて血管周囲の炎症を抑え、片頭痛を改善します。
インフェンプラスター30mg
インフェンプラスター30mg
非ステロイド系の鎮痛消炎剤です。炎症の痛みを和らげ、外傷後の腫れや痛みの改善に用いられます。

トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)の口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!