画像

リリカ(プレガバリン)

帯状疱疹や糖尿病等の神経性疼痛緩和薬です。


製 品 名:
LYRICA 75mg / 150mg
一 般 名:
プレガバリン(pregabalin)
製 造 元:
Pfizer
薬効部類:
解熱鎮痛消炎剤
日 本 名:
プレガバリン,リリカ
内 容 量:
56カプセル / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
リリカ 75mg 1箱 ¥10,600¥10,070カートに入れる
リリカ 150mg 1箱 ¥23,400¥22,230カートに入れる
リリカ 25mg 1箱 ¥15,000¥14,250カートに入れる

リリカ(プレガバリン)のジェネリックがあります。

リリカ(プレガバリン) 効能

リリカ カプセル(プレガバリン)のお薬の形状は見た目、白と赤色の半色ずつのカプセル状になっており、日本ではまだ比較的に新しいお薬です。
リリカ カプセル(プレガバリン)は、過剰に興奮した神経から発信される痛みが伝わる信号を抑える事で、辛い痛みを和らげる効果があり、現在ではリウマチや末梢神経疼痛など各種身体の痛みを和らげる事が期待されています。
気になる効能ですが、このお薬は、痛い時だけ服用するお薬ではなく、ある一定期間服用を続けける事で効き目があらわれてきます。

リリカ(プレガバリン)用法用量

効き目は、服用してから数日から1週間ほど時間の掛る事があります。
その間は、「飲んでもすぐに自分に効かない」という自己判断は避けて下さい。
もし勝手に服用を中止すると頭痛や、下痢などがあらわれることがあります。
病院では、医師とよく話し合って、決められた用法を必ず守りましょう。
また、リリカ カプセルは、1カプセルが75ミリグラムですが、少なめミリ数から開始して、徐々にカプセルのミリ数を増やして行くことができます。

リリカ(プレガバリン)使用上の注意

めまいや眠気、意識消失などあらわれる事があるので、お年寄には転倒の恐れがあるので十分に注意しましょう。
お薬には、効果もある半面、副作用も人によって多く出る場合とそうでない人の個人差がありますので、服用中は車の運転や仕事で危険を伴う機械操作は避けて下さい。
人により、体重の増加や、腎臓が悪い人、透析を受けている人、心臓疾患がある人、妊娠中の人、または授乳中の人は必ず相談して下さい。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ナプロキセン
ナプロキセン
解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。
ボルタレンLP
ボルタレンLP
持続性が特徴のロングタイムリリース版です。
カウンターペインクールジェル
カウンターペインクールジェル
筋肉痛・筋肉のハリ・打撲などの痛みに、冷却・鎮痛・消炎効果で、血行を良くし痛みを取ります。
マクサルトジェネリック10mg
マクサルトジェネリック10mg
頭痛や片頭痛などの痛みをとるお薬です。
ボルタレンエマルジェル
ボルタレンエマルジェル
ジクロフェナクを、新たに経皮吸収型製剤として開発した塗る鎮痛薬です。

リリカ(プレガバリン)の口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!