画像

ジャディアンス10mg/25mg

血液中の過剰なブドウ糖を尿中に排出させることによって血糖値を下げる薬です。
腎臓に近い尿細管という部分で糖の再吸収を抑えます。


製 品 名:
Jardiance10mg/25mg
一般名:
エンパグリフロジン
製 造 元:
Boehringer Ingelhelm
薬効分類:
糖尿病の薬
内 容 量:
10mg:30錠/箱
25mg:30錠/箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ジャディアンス10mg 1箱(30錠) ¥4,800¥4,332カートに入れる
ジャディアンス10mg 2箱(60錠) ¥7,600¥6,859カートに入れる
ジャディアンス25mg 1箱(30錠) ¥5,400¥4,874カートに入れる

ジャディアンス10mg/25mgの関連商品があります。

ジャディアンス 特徴

エンパグリフロジンという成分を有効成分とした血糖を下げる働きを持つお薬です。

主に糖尿病の治療に用いられます。
血液に含まれる糖分は膵臓から分泌されるホルモンのインスリンによってコントロールされますが、糖尿病となった場合、インスリンが上手く分泌されなかったり働きにくくなってしまいます。

本剤は血糖降下薬の一種であり、腎臓に近い尿細管部分で糖の再吸収を抑える効果があり、過剰となった糖分を尿として排出するため、血糖値を正常に保つことが可能です。

インスリンとは関係なく作用するため、薬効の効きすぎによる副作用を起こしにくくなっています。

ジャディアンス 成分

10mg:エンパグリフロジン10mg
25mg:エンパグリフロジン25mg

ジャディアンス 用法用量

通常、成人はエンパグリフロジンとして10mgを1日1回朝食前、または朝食後に経口服用してください。
効果が充分発揮できない場合には、経過観察を行いながら25mgを1日1回に増量することもできます。

 副作用

・他の血糖降下薬として併用する場合には低血糖症に注意が必要です。
・震えや寒気、動悸や冷や汗、強い空腹感などが低血糖の症状となります。
・利尿作用に基づく副作用として、頻尿や多尿がみられます。
・場合によっては、脱水につながってこともあるので、喉が渇く、尿量増加、食欲不振などが現れたら直ちに受診してください。

ジャディアンス 注意事項

・持病やアレルギーをお持ちの方、妊娠中や妊娠している可能性がある場合は医師に相談してください。
・インスリン注射が必須の1型糖尿病には向かないため、腎臓が悪いと充分な効果が出ない可能性があるので処方を控える場合があります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ミソビット(セイブルジェネリック)
ミソビット(セイブルジェネリック)
糖質の消化や吸収を遅らせ食後の血糖上昇をおさえるセイブル錠のジェネリック薬です。
グルコファージ
グルコファージ
糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。肥満型の2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
シリマリン
シリマリン
肝臓の保護やサポート、再生に作用します。アルコールからも肝臓を守ってくれます!
ジャヌビア
ジャヌビア
危険な低血糖も無く、副作用も軽いと言われている糖尿病治療薬です。
オングリザ
オングリザ
II型糖尿病に効果を発揮する、新しい作用機序の糖尿病治療薬です。

ジャディアンス10mg/25mgの口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!