画像

エブラ避妊パッチ

皮膚からの成分浸透により経口ピルと同じ避妊効果を実現します。


製品名:
EVRA
製 造 元:
JANSSEN CILAG
薬効分類:
その他避妊対策
一 般 名:
エチニルエストラジオール 0.75mg
ノルエルゲストロミン 6mg
関連商品:
トリキュラー
発 送 国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
エブラ 1箱(3枚) [SG発送] ¥3,500カートに入れる
エブラ 2箱(6枚) [SG発送] ¥6,400カートに入れる
エブラ 3箱(9枚) [SG発送] ¥8,900カートに入れる

エブラ避妊パッチの関連商品があります。

エブラ避妊パッチの関連の薬があります。

エブラ避妊パッチの効能

体に貼り付けるだけで避妊効果を得ることができる避妊パッチです。
避妊対策といえばピルがよく知られていますが、ホルモンバランスの乱れなど副作用の問題がつきまといます。
エブラ避妊パッチならより安全に、しかも手軽に避妊対策をすることができるのです。

主成分は、女性ホルモンのノルエストロゲンとエチニルエストラジオール。
基本的には低用量ピルと同じ内容で、女性ホルモンを外部から補うことで排卵を抑制し、避妊効果をもたらします。
避妊パッチがピルと異なるのは、体内に取り込むのではなく体に利、皮膚からホルモンを体内に吸収させる点です。

エブラ避妊パッチの使い方

この避妊パッチの特徴は使い勝手の良さとも関わってきます。
低用量ピルの場合、毎日確実に、できるだけ同じ時間帯に摂取し続けることが求められます。
しかし避妊パッチは1週間に1度張り替えるだけ、それを3週間続けることで避妊対策をすることができます。
時間や手間がかからず、日常生活にほとんど支障をもたらすがないのです。

使用方法の注意点といえば、生理が始まってから24時間以内に貼るよう心がけること、下腹部かお尻、乳房以外の上半身に張ることくらい。
なお、3週間間経過したら1週間は休薬期間を設けます。この点はピルと同様です

エブラ避妊パッチの服用後の影響

副作用はピルに比べると少ないですが、頭痛や吐き気、乳房の痛み、血栓症、心臓発作、脳卒中などが報告されています。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ノリディ(ミニピル)
ノリディ(ミニピル)
プロゲスチンのみのミニピルです。特に喫煙で他のピルが服用できない方に支持されています。
ニゾラール
ニゾラール
皮膚の糸菌、酵母類(カンジダ)癜風菌に対して直接働いて菌の増殖を抑える作用があります。
マドンナ
マドンナ
黄体ホルモン剤によって望まない妊娠を阻止する性交後に行う緊急避妊法
シレスト
シレスト
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストゲート)の2種類の女性ホルモンを配合した低用量ピルです。
タンシーワン1.5mg
タンシーワン1.5mg
合成黄体ホルモンのレボノルゲストレルを含有した緊急避妊薬です。
function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.net/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->