画像

プレマリン0.625mg

卵胞ホルモンを補うことで女性特有のお悩みを改善!
バストアップや女性化にもオススメです。


製 品 名:
Premarin0.625mg
製 造 元:
Pfizer Ireland Pharmaceuticals
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
結合型エストロゲン錠
日 本 名:
プレマリン錠
内 容 量:
28錠 / 箱
発 送 国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
プレマリン0.625mg 1箱(28錠) [SG発送] 入荷待ち
プレマリン0.625mg 2箱(56錠) [SG発送] 入荷待ち
プレマリン0.625mg 3箱(84錠) [SG発送] 入荷待ち
プレマリン0.625mg 4箱(112錠) [SG発送] 入荷待ち
プレマリン0.625mg 5箱(140錠) [SG発送] 入荷待ち
プレマリン0.625mg 10箱(280錠) [SG発送] 入荷待ち

プレマリン0.625mgの関連商品があります。

プレマリン0.625mgのジェネリックがあります。

プレマリン0.625mgの特徴

女性ホルモンである卵胞ホルモンを補うことで女性特有のさまざま問題を改善できる医薬品です。
主に更年期障害、膣炎、機能性子宮出血、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症などの治療に用いられています。

●更年期障害とは
閉経時、女性ホルモンの急速な低下に体がついていけない状態です。
人によって症状は異なりますがのぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、イライラなどの症状があげられます。

女性ホルモンとして働く「卵胞ホルモン」を補うことでホルモンバランスを整えて、不快な症状を改善します。

また主成分であるエストロゲンは女性化の処方薬としても用いられており、バストアップや女性らしい身体付きになりたい方などにも人気のある商品です。

プレマリン0.625mgの成分

結合型エストロゲン0.625mg

プレマリン0.625mgの用法用量

通常、1日1〜2錠(主成分として0.625〜1.25mg)を服用してください。
ただし、機能性子宮出血と膣炎の治療に用いる場合は服用量が多くなります。

機能性子宮出血、膣炎の場合は1日1~6錠(主成分として0.625~3.75mg)を服用してください。

このあたりは症状や年齢によって異なってくるため、指示に従って服用していくことが重要になります。
注意点としては1回分の用量をよく守ること。
飲み忘れてしまったからといって2回分をまとめて飲むのは厳禁です。

プレマリン0.625mgの副作用

主な副作用として、発疹、じんましん、血管浮腫などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

プレマリン0.625mgの注意事項

以下の方は使用前に必ず医師にご相談ください。
・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
・乳癌や子宮内膜癌など(既往や疑いを含む)、血栓性静脈炎や肺塞栓症(既往を含む)、冠動脈性心疾患や脳卒中など(既往を含む)、肝障害、原因がはっきりしていない性器出血、未治療の子宮内膜増殖症、子宮内膜症、子宮筋腫、心疾患・腎疾患(既往を含む)、てんかん、糖尿病、4週間以内に手術を受ける予定または長期間寝たきり状態、全身性エリテマトーデス、片頭痛がある。
・妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中
・他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ダナボルDS 10mg(筋肉増強剤)
ダナボルDS 10mg(筋肉増強剤)
ダナボルは摂取したタンパク質を筋肉に変える作用があり、筋肉増強につながる効果が期待できます。
ウトロゲスタン100mg
ウトロゲスタン100mg
女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)を補充します。不妊治療に使用される事の多いホルモン剤です。
テストジェル
テストジェル
男性らしさの源であるテストテロンを補充!筋肉増強や体毛の成長促進に!
デカデュラボリン注射剤
デカデュラボリン注射剤
持続性蛋白同化ステロイド剤
サイノメル(チラージンと同成分)
サイノメル(チラージンと同成分)
リオチロニン ナトリウム 甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン薬(T3)です
function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.net/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->