画像

ミリキシム(セフィキシム)100mg

セフェム系の第3世代の抗生物質です。日本で処方されるセフスパンと同成分のお薬です。急性気管支炎、肺炎、中耳炎などに用いられます。


製 品 名:
Milixim100mg
製 造 元:
Glenmark Pharmaceuticals Ltd
薬効分類:
セフェム系抗生物質
一 般 名:
セフポドキシムプロキセチル
日 本 名:
ミリキシム、セフスパン、セキシム、セフィーナ
内 容 量:
100錠/1箱
関連商品:
セフスパン
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ミリキシム100mg 1箱(100錠) [香港発送] ¥5,920カートに入れる

ミリキシム(セフィキシム)100mgの関連の薬があります。

ミリキシム100mg 特徴

ミリキシムは、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、尿道炎、胆のう炎、中耳炎などに用いられます。
レンサ球菌種、肺炎球菌、淋菌、モラキセラなどの菌種に効き目を発揮するセフェム系の第3世代の抗生物質です。

ミリキシムは、細菌細胞壁を構成するペニシリン結合たんぱく質と強く結合し、細菌細胞壁の合成を抑制することで、抗菌作用を示します。

ミリキシムの有効成分はセフィキシムという成分で、セフェム系抗生物質です。
セフェム系抗生物質は、βラクタム系抗生物質のひとつで、ペニシリンと同じような作用機序で細胞壁の合成を抑制する作用を示しますが、ペニシリンが細菌の殺菌作用が強いのに対し、セフェム系抗生物質は細菌の増殖を抑制する静菌作用を示します。

また、細胞壁に働きかけることで効果を発揮するので、細胞壁を持たないウイルスやマイコプラズマには効果がありません。

ミリキシムの有効成分であるセフィキシムは、海外では数種類発売されており、日本でもいくつかの製薬会社でそれぞれの製品名で発売されています。

日本において有名なのは、アステラス製薬から発売されている『セフスパン』です。ミリキシムはセフスパンと同成分の薬になります。

ミリキシム100mg 用法用量

ミリキシムは通常、成人及び体重30kg以上の小児は、1回50~100mgを1日2回経口服用します。
なお、年齢や体重、症状に応じて適宜増減します。

症状が重い場合や、効果が不十分と思われる症例には、1回200mgを1日2回経口服用します。

ミリキシム100mg 副作用

ミリキシムの副作用として、発疹、蕁麻疹、かゆみ、むくみなどの過敏症状、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの腹部症状、口内炎や体のだるさが報告されています。

また、ごくまれな副作用として、黄疸、腎臓障害、肝機能障害、肺炎、ショック症状が起こることがあります。
ショック症状になる前の前兆に耳鳴り、めまい、口の中の痛みや喉の渇き、呼吸がおかしいなどあったときは服用を中止し、すぐに医師の診察を受けましょう。

ミリキシム100mg ご注意

医師の十分な問診で問題がないと判断された場合に使用が可能で、妊娠中の妊婦や新生児に対する安全性は確立されていません。
他の薬と併用する場合に関しては、ワファリンカリウムとの併用に注意が必要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ニゾラール
ニゾラール
皮膚の糸菌、酵母類(カンジダ)癜風菌に対して直接働いて菌の増殖を抑える作用があります。
タミフルジェネリック(GPO-A-FLU)
タミフルジェネリック(GPO-A-FLU)
インフルエンザ治療薬として日本で最も使用されているタミフルのジェネリック薬です。治療だけでなく、予防効果もあります。
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
ペニシリン系抗生物質で、一般的に呼吸器系の感染症を治療するために使われる薬です。
バルトレックス1000mg
バルトレックス1000mg
バルトレックスは、単純ヘルペスウイルスおよび水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える薬です。皮膚の炎症や痛みを軽減することで帯状疱疹・ヘルペスをはじめとする皮膚疾患の治療を行います。
アモキシシリン500mg
アモキシシリン500mg
細菌を殺菌する薬です。細菌が原因の色々な病気に用います。
21錠タイプは、ご注文時期により、同成分同入数、別メーカーの商品での発送となる場合がございます。

ミリキシム(セフィキシム)100mgの口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!

function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.net/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->