画像

エストロモン

エストロモンはプレマリンのジェネリック薬で「卵胞ホルモン」を補うために処方されます。


製 品 名:
ESTROMON 0.625mg
製 造 元:
STANDARD CHEM.&PHARM.CO.,LTD
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
発送国:
タイ(発送完了から7-14日到着予定)
発送国:
シンガポール(REG配送:発送完了から20日~1ヶ月到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
エストロモン 1箱(100錠)[セール] ¥4,400¥3,400カートに入れる
エストロモン 2箱(200錠)[セール] ¥7,700¥5,400カートに入れる
エストロモン 4箱(400錠)[セール] ¥13,200¥9,300カートに入れる
エストロモン 6箱(600錠)[セール] ¥18,200¥13,400カートに入れる
エストロモン 1箱(100錠)[セール] ¥4,400¥3,400カートに入れる
エストロモン 1箱(100錠)&エストロジェル 1本(80g)[セール] ¥6,800¥5,600カートに入れる
エストロモン 1箱(100錠)&ハイレス100mg 1箱(100錠)[セール] ¥9,200¥8,700カートに入れる

エストロモン

エストロモンの特徴

国内の婦人科などでも処方されている女性ホルモン剤「プレマリン」のジェネリック医薬品です。

女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンの分泌量は年齢とともに減少し、不足することでホルモンバランスが乱れ、イライラや不眠などの更年期障害や卵巣欠落症状、月経トラブル等に繋がります。
こうした症状を改善するには、体内で不足している卵胞ホルモンを補うことが有効です。

エストロモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)を補う効果があり、卵胞ホルモンが不足することによって引き起こされる様々な症状に悩まされる方を中心に人気を集めている製品です。

エストロモンの有効成分である結合型エストロゲンは、体内でエストラジオールに変換されるため卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下を改善します。

エストロンで改善できる症状として、更年期障害、月経不順、無月経、骨量減少予防、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症などが挙げられます。
また美肌効果も期待できますので美容目的で服用される方も居ます。

エストロモンの成分

結合型エストロゲン 0.625mg

エストロモンの用法用量

通常成人の方は1日に1~2錠を服用してください。
機能性子宮出血、膣炎には1日1~6錠を服用してください。
※年齢や症状により適宜増減できます。

服用は基本的に1日1回で翌朝晩に分ける必要もありませんが、きちんとカウンセリングを受けて相談した医師に摂取量を決めてもらうことが大切です。

女性ホルモンが低下すると

更年期には女性ホルモンが低下するためあらゆる箇所に不調が出やすくなります。

個人差が大きいのですが、年齢的には40代半ばから50代半ばぐらいを更年期と呼んでいますが、早い人では30代後半で始まる人もいます。
エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、この分泌量が年々減ってきて、そのうち分泌されなくなり、惚れりや発汗、イライラなどの症状が見られるようになってきます。
エストロゲンとは卵胞ホルモンのことを言います。
女性の体はこの卵胞ホルモンと黄体ホルモンと言われるプロゲステロンの2つの働きによって調整されているのです。

【エストロゲンの働き】
エストロゲンの働きは自律神経や感情の働き、基礎体温を下げる働きがあり、若い女性であれば妊娠に備えて子宮の内幕を厚くする働きも持っています。
分泌が多くなる時期は生理の終わりごろから、排卵前にかけてで、卵胞期であるため体も心も比較的安定しています。

【プロゲステロンの働き】
黄体ホルモンのプロゲステロンの働きは、妊娠を助けるホルモンであり、妊娠を継続させることにあります。
体内の水分を保持したり、基礎体温を上げる働きも持っています。
分泌時期は排卵後から次の生理にかけて分泌されますが、人によっては腹痛や腰痛、精神的に不安定な状態になりイライラしたり、うつの症状が出ることもあります。

更年期症状は症状が軽い人もいれば重い人もいますが、同時に骨粗鬆症や高血圧、乳がんなどにも気をつけなければいけません。
症状が重い人は女性ホルモン剤のエストロモンを服用すれば症状を和らげることは可能です。
最初の1カ月は1日当たり1錠から3錠で、様子をみて次の月からは1錠増やすこともあります。

エストロモンの副作用

乳首の張りや痛み、予定外の出血、吐き気などがあげられますが、これらの症状は服用を2~3ヶ月続けると身体が慣れてきますので、特に注意する必要はありませんが、気になる場合は医師にご相談ください。

また、発症の可能性はほとんどありませんが、エストロモンの重い副作用として血栓症を引き起こすこともあります。
血栓症の初期症状は手足の痛み・はれ・むくみ・しびれ、胸の痛み、突然の息切れ・息が苦しい、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側の麻痺、うまく話せない、意識が薄れるなどがあります。
万一の場合はエストロモンの使用を中止し、早急に医師に受診してください。

エストロモンの注意事項

卵胞ホルモンによって悪化する乳がんや子宮がんがある方は服用しないでください。
原因不明の性器出血がある場合は子宮がんではないことを確認したうえで使用してください。
血栓性静脈炎や心筋梗塞など、血栓性疾患のある方、妊娠又はその可能性のある方はご使用をお控えください。
またビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなりますのでお気を付けください。

治療目的によって飲み方は異なりますが、更年期障害では黄体ホルモンとの併用が原則です。
周期的投与法など変則的になることがありますので、医師の指示をお受けください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
デキサメタゾン
デキサメタゾン
炎症やアレルギー性の病気の症状を改善するほか、リウマチの症状を抑制する作用などがあります。
アクティベル(女性ホルモン剤)
アクティベル(女性ホルモン剤)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)を増やすホルモン剤です。骨粗鬆症治療の効果も!
チロメル(甲状腺ホルモン剤)
チロメル(甲状腺ホルモン剤)
リオチロニン ナトリウム 甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン薬(T3)です

エストロモンの口コミ効果

評価4 4点  クチコミ数[157件]

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!

石ノートさん
評価5
最近になって調子の悪い日が多くなり、今までと違うなと感じることが多くなりました。
それがどうやら更年期らしく、その症状緩和のために、エストロモンを飲んでいます。
すると、だいぶ調子が戻ってきまして、それと同時にやっぱり更年期だったんだと、安心したような、ちょっと寂しいような気持ちになりました。
ひどい時は眠ることもままならなかったりするので、薬の力でだいぶ救われており、いいものに出会えて感謝の気持ちでいっぱいです。
2021/08/04
とことことさん
評価4
更年期の症状改善のため、エストロモンを服用しています。
しばらく下痢やほてりなどが続き、よくわからないまま我慢していたので苦しい日々でした。
それがどうやら更年期らしいとわかり、このエストロモンによって、ようやく症状が抑えられてきまして、苦しみもおさまってきました。
更年期は個人差があり、数年続くこともあるようで、今後どうなるか分かりませんが、重い症状の時には服用して、様子を見つつ、飲み続けていこうと思います。
2021/07/28
カプリコさん
評価4
自己流の治療や対策はほとんど無意味なので、治療薬を使うべきだと思います。私はエストロモンを使ったら穏やかになれたので、自己流の治療や対策で効果を感じない人は使ってみるべきでしょう。
2021/07/20